キャビテーション 口コミ 人気ランキング

痩身エステのクーリングオフ制度について

以前に比べると、エステサロンの強引な勧誘が問題視されることは少なくなっているようですが、それでもやっぱり強引なお店があってつい契約してしまったり、お試しキャンペーンを利用したところ、なんだかとても気持ちが高揚してしまって、つい快く契約してしまったけれど、効果は出ない、お金を払い続けていくことができない・・・など、解約したい時があります。
そのような際は、クーリングオフ制度を利用しましょう。

 

クーリングオフは、契約金額が5万円以上で、契約期間が一ヶ月を超える、法定の契約書面が交付されてから8日以内の場合に成立します。契約は、なかったことに、つまり無効になります。ですから、クーリングオフ制度が成立すれば、既に支払ってしまった代金は、当然全て返金されますし、健康食品や化粧品など既に受け取ってもしまた商品は、相手側の負担で引取りをしてもらうことが出来ます。そして、違約金や損害賠償を払う必要はありません。

 

強引な勧誘を繰り返し、なんとか契約をしてもらったとしても、後になってクーリングオフされてしまうと、エステ側のそれまでの労力が全て無駄になってしまいます。そのような無駄は、エステ側も困ってしまうものなので、以前のように強引に勧誘し、強迫し、一室に閉じ込めてまで契約を取ろうと必死になるような店は殆どありません。ですが、エステ側も上手に勧誘し、お店に訪れた人に対して上手に契約まで導くことが上手になっています。何となく契約をしてしまったけれど、やはりクーリングオフしたいという場合は、きちんと手続きをしてください。